恋と愛は真逆のもの
home心理学・生き方 > 恋と愛は真逆のもの
恋と愛は真逆のもの
心理学・生き方 2020.04.01
今回の記事は、青春真っ只中の若い人や、夢を壊されたくない純粋な乙女にはオススメしません。信じたくない人が「うそだ!」と思えるよう、あえてエイプリルフールに書かせていただきます笑

近所の公園で撮ったネモフィラです。4/1満開でした♪

以前アメブロの方の記事で「付き合うって何?」というのを書かせていただきましたが、そこで私にとっての付き合う意味をまとめさせていただきました。恋人と、「付き合う意味」が一致していないと、お付き合いは難しいだろうと思いました。

当時(2011年)、私にとって「なぜ恋愛をするのか」の答えは、「愛を育むため」でした。
お互いを思いやって、二人で様々な問題を乗り越えて、愛を積み重ねていく経験に意味があると思っていました。

しかし、根本的に私はまちがっていたということに最近になって気づきました。

結論から書かせていただきます。

恋は利己的。愛は利他的。
                  もちまい
恋は自分のための感情・欲です。

恋の相手とは愛を育むなんて不可能なのですね!!

9年間ずっと愛を育める相手を探していたのですが、見つからないわけです(笑)






人間の欲の中で、異性もしくは同性に向かう欲、それが性への欲です。

「友達と恋人との違いは性欲だ」というのを聞いたことがあると思いますが、これは真理だったのですね。
恋は性欲だったのです。


恋人に対しては、友達よりも甘えてしまったり、イライラしてしまうのは「欲」の対象だからです。

恋の相手に感じるのは
付き合いたい、独占したい、触れたい、会いたい、声が聞きたい、相手のことを知りたい…などなど

欲ばかりです。



では、どうしてドキドキするのでしょうか?

それは、相手に好かれたいからです。 自分を良く見せたいからです、相手が自分を見ているととても緊張します。


いつも相手のことばかり思い浮かべてしまうのは?

それも、考えたいから考えてるのです。
忘れて仕事に集中すればいいのに、恋の相手のことを考えたいのです。

では、なぜ特定の相手にだけ恋心が芽生えるのか・・・?
というのは、専門家ではないので全くわかりません


昨今、「なかなか好きな人ができない」とか、「恋愛に興味が持てない」という人が増えているように思います。

これ実はアセンションの一環なのではないかということにも気づきました。

恋する感情を否定するわけではありませんが、愛に比べたらより原始的な感情なのだと思います。


時々自分さえ良ければ相手が幸せでなくても良いという態度をする人を見ますよね。恋する性欲は理性で抑えないと暴走してしまい、人間関係を壊してしまいます。ストーカーしてしまったり、モラハラしてしまったり。
一般の人は理性で抑えなくてはならないから、欲が満たされないから、切なくて苦しいのです。





私の好きな漫画家さんで乃木坂太郎先生という方がいるのですが(医龍の作者で有名)、その先生の著書でフランス革命を舞台にした漫画があります。

その中でマリー・アントワネットが、このようなことを言っていました。
人を疑わせるのが恋
人を信じるのが愛



実際にマリー・アントワネットがこのようなセリフを残したという情報はなかったので、乃木坂先生の創作だと思いますが、このセリフを聞いて私は確信しました。

恋というのは自分のためのもの
愛は相手のためのものだと。


愛にロマンスを求められるかと言うと難しいかもしれません。
自分の世界にひたって盲目になっているからこそうっとりするのかもしれません。

優越感や安心感、達成感、承認欲求が満たされた瞬間だったり、欲が満たされる状態を幸せと勘違いしているのかもしれませんしね。





恋は人間の欲の内のひとつなので、恋愛によって満たそうとしますが、恋愛じゃなくても満たせる性欲以外の欲の場合があります。

例えば承認欲求を満たすために恋愛をする人(自分で自分を愛せない人が愛を求めて恋愛をする人)は、自分で自分を認めれば良いですし、仕事でも承認欲求を満たすことはできるかもしれません。

また、癒やしを求めている人はペットで満たすことができます。

後々面倒なことにならないように、自分がどうして恋人が欲しいと思っているのか、一度じっくりと内観してみた方が良いかもしれませんね。



恋愛はすべて欲の塊だと言っているわけではありませんが、とにかく恋愛には欲がつきものだと思います。

その欲の傾き方が同等レベルの人と付き合わないと上手く行かないのだと思います。

まったく欲がないのも人生つまらないと思いますので恋愛なら・・・
欲30%、愛70%くらいが理想的かなぁ~ (笑)

一般的に愛と言われるものも、必ず自分の欲が含まれれると思いますので。

具体例をあげると
相手を大切に思う→欲3:愛7 
相手の幸せを願う→欲1:愛9

なので、恋愛なら3:7くらいがいいかと思いました。


上の漫画でルイ16世がこのように言っていました。

「愛は自分から捧げるだけのものであって
相手に受け取らせて証明することなどできないものだ」


惚れました!!

私は愛を量られるのが大嫌いでした。
大切さに順番をつけさせられるのも、愛情表現求められるのも。

ただ、愛を捧げるだけなら喧嘩にもなりません。



恋人がいない、好きな人がいないことを寂しいことだと言う人がいますが、そんなことはありません。
無理に恋愛をしようとしたり、相手の期待に応えようとすることはありません。

欲深い人の価値観に流されず、自分を信じて自分らしく生きていればいいのです!


私も恋愛したいと思いませんが、3:7の相手なら良いかなと思います



  • LINE
  • はてブ
  • Feedly
  • Pocket

ページトップへ

もちまいです。
アラフォー独身女です。
健康情報やエコ生活の知恵、ベジ情報
なんかをシェアしていきます。
よろしければ
自己紹介ページをご覧ください。