密猟で絶滅の危機!センザンコウ
homeエコ&ピース > 密猟で絶滅の危機!センザンコウ
密猟で絶滅の危機!センザンコウ
エコ&ピース 2018.07.31

センザンコウという動物を知っていますか?
日本の動物園でもあまり見ないし、メジャーな動物ではないので私は知りませんでした。 センザンコウの親子※かわいいセンザンコウの親子

センザンコウは、主に東南アジアに生息する、全身が鱗で覆われた、こんな哺乳類です。
アリを食べるらしいので、アリクイやアルマジロに似てますね。ナマケモノにも似ています。
センザンコウの親子
このかわいいセンザンコウちゃんが、密漁によって絶滅の危機なのだそうです。
主に、中国やベトナムで珍味や伝統薬の原料として珍重されているらしく、違法取引量は哺乳類としては世界最大なのだそうです。

HUFFPOST.COMで紹介されていましたが、

押収した3000〜4000頭もの冷凍センザンコウが大きな穴の中で焼却処分されていました。
センザンコウの親子huffingtonpost.com
※リンク先は閲覧注意の画像ありです。

こんなにたくさんのセンザンコウちゃんが密漁され、こうして焼かれて処分されるのは切ないです…。

センザンコウの鱗huffingtonpost.com
これが高値で取引されるセンザンコウの鱗です。

こんなものを手に入れるために、大量に密猟して殺してしまうとは…なんてことでしょう!

漢方薬や魔除けとしても需要があるらしく、難病にかかった人が藁にもすがる思いで手を出すのかもしれないと思うと、複雑な思いになりますが、そんな数が必要でしょうか。

探してみたら日本でもセンザンコウの革製品が売っていました。

センザンコウ製品正規ルートで輸入したと書かれていましたが、合法なら何をしてもいいのでしょうか。
規制される前なら捕獲して殺して、革製品を作っていいということにはなりませんよね。

このように革製品になった後では、「デザインが個性的」とか「珍しくてオシャレ」とかそういう目で見るのが普通かもしれません。

ぜひ、リンク先で現実をご覧になってみてください。

1.3億円相当、センザンコウのウロコ4トン押収 | ナショナルジオグラフィック
This Is How A Species Goes Extinct
過去10年間でセンザンコウが屠殺された数は100万頭を超えた

センザンコウのウロコはライオンでも歯が立たないほど硬いです。センザンコウとライオンでも、人間には叶わなかったんですね〜…
絶対に密輸者が儲かるような商品は絶対買わないようにしましょう!!

  • LINE
  • はてブ
  • Feedly
  • Pocket

ページトップへ

もちまいです。
アラフォー独身女です。
健康情報やエコ生活の知恵、ベジ情報
なんかをシェアしていきます。
よろしければ
自己紹介ページをご覧ください。