• 携帯サイトもあります!
  • モバイルサイト
HOME >ホームページの必要性
ホームページの必要性

ホームページの必要性について

ホームページをもっている人の中で、「みんなが持っているから」という
理由で持ち始めた人も多いことでしょう。

; さて、そのみんながホームページをもった理由、
ホームページの必要性はどこにあるのでしょうか?

まずインターネットの普及率を紹介します。
こちらのグラフ(インターネット普及率)をご覧ください。

インターネット普及率


2007年のデータですが、テレビの普及率72%に対して、
インターネットの普及率は69%となっています。

69%というと、幼児やお年寄りなどを除いた、
ビジネスの対象となる人がほぼ100%と言えるのでしょう。
調査会社は2007年で普及率の調査を打ち切ってしまいました。


私もそうですが、今の時代
「こんなお店ないかな」
「こないだ見かけたお店どんなお店か詳しく調べてみよう」
「あのお店に電話で問い合わせしたいから電話番号を知りたい」
などといった場合、必ずインターネットで調べます。


また、いいお店を見つけた時に友達に紹介する時も、
必ずメールにお店のホームページのURLを載せて紹介しますよね。

その時も、ぐるなびとかの情報サイトではなく
そのお店の公式なサイトでないと信頼感に欠けます。


ここで情報を得ることができなかった、自分や友達は
そのお店に行くことができないので、お店は結果的に損をすることになります。
きっと他のホームページのあるお店に行ってしまうでしょう。

このようなことを経済用語で「機会損失」といいます。
入るはずだった収入を得ることができなかった = 「損失」となります。

商品が売り切れてしまって、お客様を逃してしまう場合も同じです。
機会損失は、売れのこりが出てしまうよりも損失が大きいといわれています。


そのような理由から、今の時代、ホームページのない会社は看板のないお店と同じで
「存在しない会社」として扱われる言われています。

看板はなくても営業はできますが、ないと認知してもらえないですよね。
そのくらいホームページは重要で必要不可欠な時代になってしまいました。

その他の統計も参考にどうぞ。
半数の企業がウェブサイトに年間100万円投資している。
上昇している広告費はインターネット広告のみ。
最近のテレビCMの4割がネット誘導型になっている。
※インターネット利用目的