『子どもは病気を食べている1 2つの孤食』 真弓定夫先生監修マンガ その@
home健康情報 > 『子どもは病気を食べている1 2つの孤食』 真弓定夫先生監修マンガ その@
『子どもは病気を食べている1 2つの孤食』 真弓定夫先生監修マンガ その@
健康情報 2010.9.5

真弓定夫先生監修のマンガがたくさん出ています。

真弓先生監修シリーズ
↑こちらで購入できます。

とても大事な話が多いので、ぜひ読んで欲しいです。


今回は『子どもは病気を食べている』を紹介します。
※現代人間社会の深刻な孤食化の問題、健康への影響、成長期に必要な一家団欒のない家族の危険性を描く。





孤食とは、ひとりでご飯を食べることと、
家族が別々の食事を食べることの2種類があるそうです。

みんなで揃って、身体に良いものを、食べたいですね☆


"もちまい" のブログ♪★LOHAS★な自由人

"もちまい" のブログ♪★LOHAS★な自由人

ファーストフードやお惣菜など
濃い味付けの物や添加物まみれの食品ばかり食べていると病気になります。

また小さい時から薄味の食事に慣れていると
正常な味覚が育って好き嫌いがなくなるようです。

その子が親になったら同じことを繰り返しますね。
そして家族そろって生活習慣病にげっそり




かつて生活習慣病は、君主やその子供たちが贅沢な食事をしていたので
よくかかっていたので「帝王病」と呼ばれていました。

それが、40代以降に良く見られるようになったので「成人病」となり、
そのうち子供にも増えたので「小児成人病」となり、
生活習慣(食習慣)が原因ということで「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。




日本は長寿世界一なのに、
アトピーや生活習慣病の子供が増えています。

医学は進歩したはずなのに、医療費は増え続け患者は減りません。

それは、マッチポンプ的な医療に原因があります。
"もちまい" のブログ♪★LOHAS★な自由人

また、病気になるとすぐに病院に行って薬を求めますよね。

しかし、薬は病気を治すものではなく、症状を抑えるものです。


"もちまい" のブログ♪★LOHAS★な自由人


今の少子化は、親が子供を減らして贅沢をしたいために起こっていることだと思います。

でも、本当に子供のためを思ったら、
自分の贅沢なんて二の次になります。

私は子供がいないですが、勝手ながら子供を愛していたらたくさんお勉強してほしいな〜と思ってしまいました。



※Ameblo過去記事をリメイクしました。日付は当時のものです。

  • LINE
  • はてブ
  • Feedly
  • Pocket

ページトップへ

もちまいです。
アラフォー独身女です。
健康情報やエコ生活の知恵、ベジ情報
なんかをシェアしていきます。
よろしければ
自己紹介ページをご覧ください。